2016年9月28日  

 報道発表資料(プレスリリース)

シナノリンクがサーキュレーションと提携、企業のIoTビジネス開発を共同支援


シナノリンク株式会社  


 シナノリンク株式会社(所在地:東京都新宿区新宿、代表取締役:武田開智、以下シナノリンク)と株式会社サーキュレーション(所在地:東京都千代田区丸の内、代表取締役:久保田雅俊、以下サーキュレーション)は、 サービスの連携を通じ、企業が取り組むIoT領域のビジネス開発を共同で支援します。

協業の目的
 IoTビジネスの立ち上げを検討している企業を対象に、共同支援を開始します。今回の提携により、 企業は、多面的・専門的な事業検討を低コストでスピーディに実施することが可能になります。 この提携を通じて、企業のIoTビジネスのより一層の発展に貢献できると確信しています。

提携の概要
 シナノリンクは、ハードウェア及びクラウドの両面からIoT技術を汎用化したIoTプラットフォーム『M2MSTREAM』を提供しています。 「モノのネットワーク」を介して収集したデータを解析し、その結果をリアルな世界にフィードバックするための仕組みであり、 遠隔地からの①シリアル通信機器の操作、②センサーデータの収集、③機器の電源操作を可能にするクラウド型のサービスです。 IoT技術を保有していない企業でも、小規模なコンセプト実証(PoC)からスタートし、コストを抑えながら段階的にIoTビジネスに参入することが可能となります。

 サーキュレーションは、専門家を活用した「IoT事業支援サービス」を展開しています。 事業開発における事業アイデア創出から事業推進に至るまで、企業の取組状況に合わせてテーマ設計し、 精通する専門家を柔軟に活用します。エグゼクティブ層を中心とした専門家を4,000名保有しているので、 広範な課題に対して深くまで対応することができます。加えて、業務委託の形態でプロジェクトを進めるので、 マネジメントコストが低下し、企業間でのプロジェクトと比べてスピードが速くなります。

 シナノリンクとサーキュレーションは、今回の提携により、双方のサービスの連携を図ります。 サーキュレーションが展開するIoT事業支援サービスに、シナノリンクがコンセプト実証(PoC)環境やIoTプラットフォームを提供します。 サービスの連携により、事業アイデア創出からコンセプト実証までのサイクルを高速に検討することができ、事業リスクの低減に繋がります。 また、製品・サービス開発の際に、安価でIoTプラットフォームを導入することができます。

会社概要
【シナノリンク株式会社】
 「リアル社会の課題を解決するためにテクノロジーとネットワークを駆使する」ことを理念に、2016年に設立されたIoT専業ベンチャー。 「ハードウェアとクラウドサービスを一気通貫で提供する」ことをコンセプトに、IoTデバイス(センサー等)とクラウドシステムをパッケージ化した『M2MSTREAM』を、 新たなデータ資源の発掘と利活用のためのインフラとして、デバイス、IT、通信、ソリューションベンダーといったパートナー企業様に対して提供しています。 業種・組織の壁を超えてデータを共有し新たな付加価値を生む「データドブリン・イノベーション」を共創することを目的に、新サービス・新事業を「小さく始めて、 検証し、スケールする」ためのクラウド環境を安価に提供します。

【株式会社サーキュレーション】
 2014 年設立以来「世界中の経験と知見が循環する社会の創造」の理念のもと、企業と個人をつなぐことで 革新的で新しい価値を創り出すオープンイノベーションを体現しています。 サーキュレーションが展開する、優秀なビジネススキルを有した NOMAD WORK DESIGN(ノマド ワーク デザイン)や、経験豊富な 顧問に特化した KOMON WORK DESIGN(コモン ワーク デザイン)では、 コンサルタントチームが企業の抱える経営課題に対して適切な人材をマッチングさせています。また、最先端のテクノロジーを駆使し たマッチングシステムの開発や、 オンラインでのコンサルティングサービスを手掛けています。2016 年 6 月時点で、約 10,000 名の人材登録、コンサルティング実績は 400 社/1,200 プロジェクトを超えています。


本リリースに関するお問合わせ先
シナノリンク株式会社
【所在地】東京都新宿区新宿1丁目36番2号 新宿第七葉山ビル3階
【TEL】03-6811-1133
【Email】info@shinano-link.co.jp
【企業WEBサイト】http://www.shinano-link.co.jp/
【開発支援サービスについて】http://www.m2mstream.com/IoT_M2M_04.html